Pokkoriesオフィシャルサイト

イベントレポート

えひめ国体ブルーインパルス展示飛行を見に行ってきた


日時:2017年09月30日
場所:愛媛県松山市
イベント名:愛顔つなぐえひめ国体 開会式 ブルーインパルス展示飛行

えひめ国体の開会式抽選は残念ながら外れてしまった。
5月の岩国フレンドシップデーでは残念ながらブルーインパルスの展示飛行を見ることが出来なかったマイマザーは今度こそリベンジをしようと思っていたようだ。
案の定、長方形に国体でブルーインパルスの展示飛行がおこなわれるので行こうと誘われた。

いくら展示飛行と言っても国体の場合、そこまで大がかりな技は出てこない筈だ。
過去の国体の映像を見てもやはりそうのようである。

長方形は、マイマザーに「多分そこまで派手な動きは無いよ」と言ったのだが、
岩国では時間の都合で飛んでいる所すらまともに見れなかったマイマザーは絶対に見たいと後に引かない。
まあ、愛媛にブルーインパルスが来ることなどめったにないし、撮影出来れば貴重な一枚になる。
そう理由をつけ、長方形もマイマザーと一緒に開会式の整理券がある訳でもなく取りあえずブルーインパルスを見に行くことにしたのだった。


まず、ブルーインパルスを何処で見ようかと考えていた。
一番良いのは、開会式の行われるニンジニアスタジアムである。
ちょうど、みきゃん広場というイベントスペースがあるようなので、そこで見ようと思っていた。
しかし、HPを見ると基本的には無料で入れるが、開会式の時は整理券を持った人でないとみきゃん広場入場出来ないと小さく書かれていた。
恐らく天皇陛下が来る関係であろう。


では、他にどんな所でなら見ることが出来るだろうか。
ニンジニアスタジアムのある県総合運動公園は、山の上にある。
ブルーインパルスはどこからやって来るか分からない。
そうなると、山の麓では最悪見えない可能性がある。

そこで考えたのが、隣接する「えひめこどもの城」と、しろくまピース君で有名な「とべ動物園」である。
しかしHPを見ると「えひめこどもの城」は駐車場として使うので休館、そして「とべ動物園」は開会式の整理券を持った人のみ無料開放という始末である。

このままでは、ブルーインパルスが見れない。
そう思った時であった。
地元の感が働いたのである。

そうだ、生涯学習センター付近はどうだろうか。
たしか、結構上ったところにあって、スタジアムのライトが見えた筈だ。
そして、その辺りは低い家や田畑しか無かった気がする。
おまけに館内は椅子があって自販機もトイレもある。

早速、タブレットでグーグルアースをチェック。
これはいけそうだ。
HPにも開いていると書かれている。
きみにきめた!
最終的にブルーインパルスを見る場所が決まったのは、開会式前日の夜であった。


当日は10時過ぎに家を出た。
松山市駅から無料シャトルバスが出ているが、それに乗るとスタジアムの方にいってしまう。
今回は路線バスで森松まで行って、そこからバスを乗り変えて生涯学習センターに行くことにした。
当日は大変な混雑が予想されていたが、開会式の入場を早めに設定していたせいか、
道はそこまで込んでいなかった。


生涯学習センター前で降りると、何か様子がおかしかった。
何故なら、たしか生涯学習センターの目の前にバス停があった筈なのに、降りた所には住宅街しかない。
地図で確認してみると、どうやら角を曲がった所に生涯学習センターがあるらしい。


長方形とマイマザーは道を歩いてセンターを目指した。
と同時に、どこが見るのに適しているのかも確認していた。
よし、空は開けている。おまけにスタジアムも見える。
そう心でガッツポーズをした。


角を曲がると生涯学習センターは目の前だった。
しかも、バス停がある。何故だろうか。
これは後で分かった話しだが、どうやら同じ名前の停留所だが系統の違いで若干位置が違うらしい。

到着したのは12時頃だったので、開会式には時間があった。
センターに入るのは実に久しぶりである。恐らく10年くらい来ていない。
中に入ると右手に飲食スペースがあった。
カウンターがあるが閉鎖され、代わりにニチレイのホットメニューの自販機(よく高速のSAにあるやつ)とアイスの自販機があった。
たしか、喫茶店が入っていた機が記憶があるので、ここはその跡地のようである。


取りあえず、たこ焼きと、新発売の五目おにぎりとナゲット、というアンバランスな組み合わせのホットメニューをイートしながら開会式をスマホで見ることにした。
何故なら、ブルーインパルスがいつ来るか分からないからである。
直ぐそこで行われているイベントをテレビで見るのは不思議な感覚がした。
本当は会場に行きたかったが、抽選に外れたのでそれは仕方ないのである。

飛行予定のは13時50分頃である。
13時40分になると長方形はマイマザーを連れだして実際に観覧する場所を探し始めた。
すると地元の人もぞろぞろと歩いている。
これは、ついて行くしかない。
2分ほどあるくと、アパートの横の広場(駐車場?)に地元の人らが集まっていた。
でかい望遠のカメラを持った人もいる。


スマホでテレビを確認すると、
開会式は一端休憩をはさんでいた。
暫くして13時50分頃に再開した。

その時、アサウンサーが大型モニターの方を見てくださいとコメントした。
長方形は、急いでカメラを準備。
実は、カメラの電池が危なくてギリギリまで起動するのを控えていたのである。

すると、大型モニターの軸線上の先を見ると
いましたブルーインパルス!

これは一発勝負だ。
何時もならプログラムかシャッターS優先で撮るのだが、今回はカメラを信じてオートで撮影をした。


ブルーインパルス6機は丁度良い場所を通過。
航空祭と違い、ギャラリーも少なく空も開けているので撮影はしやすかった。
電柱も無かったのは幸いだった。



やはり、田舎で山が多いせいか高度は高めであるが、
それでも、通常の旅客機やセスナが巡航するよりは全然低い高度である。




ピントは甘めである。




ブルーインパルスがニンジニアスタジアム上空を通過。
スタジアムとブルーインパルスの両方が絵に収まった。


帰りのバスに乗っていると、道端に国旗を持った集団がかなりいた。
どうやら天皇陛下が全日空ホテルに帰るらしいのだ。
マイマザーは見たいというので、三越前で二人で下車。
かなりの人で、列の後ろに並ばされた。
車が通ったのは分かったが、天皇陛下の御顔は見れずじまいでした。
(翌日、マイマザーは見れたそうだ)

その後、全日空ホテルでお買いものをして帰宅した。

TOPに戻る  イベントレポートに戻る。
inserted by FC2 system