Pokkoriesオフィシャルサイト

イベントレポート

岩国基地に行ってきた


日時:2017年05月05日
場所:山口県岩国市
イベント名:岩国基地フレンドシップデー2017



エアレースで有名な室屋義秀の飛行
機体にはレクサスのマークが入っている。



元々、愛媛に住んでいる時から岩国で航空祭を行っている事は知っていた。
大学卒業後、東京に住んでいた時に、入間基地の航空祭に初めて行って、その迫力に感動をしたのを覚えている。
その感動を是非、イベント好きのマイマザーに体験してもらいたいと前々から思っていた。
すると、マイマザーからブルーインパルスを見てみたいと打診があった。
丁度休みだったので、マイマザーと岩国フレンドシップデーに行ってみる事にした。

まず、どのようなルートで行くかだが、愛媛の松山から岩国に行くためには瀬戸内海を超える必要がある。
電車かバスか、それとも船で行くかを考えた。
今回は、初めて行くので松山陸海トラベルのツアーで行く事にした。

松山市駅と三津浜港の2つの乗車地点が選べたが、家に近い三津浜港にする事にした。
朝6時、三津浜港からツアーのバスに乗って、岩国を目指した。
途中、来島海峡SAと小谷SAに立ち寄りWC休憩を挟んだ。
岩国市に到着したのは、10時30分を過ぎた辺りだった。
ネットでは基地周辺はものすごい人で、基地内も地獄の黙示録だという記事を見ていた。
しかし、バス用の入り口は少し混んでいたもののそこまで渋滞している訳ではなかった。
基地内に入ると、軍用犬がバスの下を調べ始めた。
マイマザーはそれを見て「犬が散歩しよるよ」とつぶやいていたが、仕事をしているんだと訂正を入れておいた。

検査をパスしたバスは、そのまま広大はエプロンへと進入した。
同じバスに乗り合わせていた人々から、驚きの声が漏れた。
何と、日本全国の観光バスが集結していたのだ。百台は超えるバスだ。


11時20分頃、漸くバスを下りて会場に向け歩き始めた。



10分程歩くと、いかにも軍事的な構造物が見えてきた。
まるで……というか、ミュージカルミス・サイゴンのヘリコプターが降下してくるシーンにそっくりだ。



この施設の下をくぐって数分進むと、子どもたちの大好きな巨大な風船トランポリンが沢山あった。
この辺りの芝生にテントや椅子を設置して見ている人も居る。




更に5分程歩くと、漸くメインの会場にたどり着く。
ここには航空自衛隊のF-15JやAH-1S、シコルスキー各種が展示してある。
奥にはオスプレイやF-35Bなども居る。



少し前に善通寺でも見たAH-1Sコブラ。
マイマザーは、初めて見たので、その幅の薄さに驚いていた。



丁度、米空軍PACAF F-16のデモが始まった。
適当な場所を見つけ、持参していた折りたたみ椅子を展開した。




とんでもない轟音を響かせてF-16が上昇していく。


丁度、ここで午前の展示が終了。
マイマザーは一番端まで行ってみたいと言い出したので、椅子を片付けて自衛隊の方へ向かった。




海上自衛隊 US-1A
除籍されるらしく、岩国フレンドシップデーでの最後の飛行らしい。





US-A1の左側には後継機のUS-2が並んでいる。
ヨットの事故で辛坊さんを救助したのもこのタイプである。



UP-3D 詳しくは知らないが電子戦訓練支援機らしい。




海自のMCH-101だ。
こういうボテッとした機体は全てシコルスキーかと思っていたが、どうやら違うメーカーらしい。
今後は、映画などで見た時も気をつけて見てみようと思う。


今いる位置は、バスのりばから一番遠い場所の為、元来た方向へ引き返した。
そのついでにアメリカンはフードでも買おうと思っていたが、全て超長い列の為断念。
自衛隊のコンビニに行ってみるも、ヤマザキショップの店内は、まるで虫かごにセミを詰め込んだような混みようだ。
幸いお腹も余り空いておらず、また水分も持っていた。
午後の展示を見る為の場所を確保しようと歩いていると、他の地上展示も見たくなって来た。




今回の地上展示の目玉の一つであるF-35Bだ。
全く戦闘機に詳しくないマイマザーには「ダイハード4.0でブルースウィリスが飛び乗ったやつ」と説明しておいた。








複座なのでFA-18B? 詳しくは分からないが、ホーネットなのは確かだ。



エンジン周り



そして、色々とニュースを騒がせるアイツ、オスプレイだ。
もちろん初めて見る。
自衛隊はまだ採用されていないので、米軍基地でないとなかなかお目にかかれない。

長方形は、lてっきりトラックくらいは搭載出来るのかと思っていたが、実際にはかなり小型で驚いた。


プロペラのでかさに驚く。
操縦席横に、ピトー管がある。初めて知った。



オスプレイの中を覗かせてくれるようだ。
やはり、米国としても親しみを持って欲しいのだろう。
立て看板にも人命救助で大活躍的な事を書いていた。

小さな機体なので、直ぐに順番も来るだろうと思い、結構な長さの列に並んだ。
しかし、小さい機体なので10分程で時間が回ってきた。
写真は撮り忘れたが、機内は想像以上に狭く、また配線がむき出しであった。
例えば、旅客機では天井に化粧板がはられている。
しかし、軍用機にそんなものは不要であるので当然と言えば当然だ。
今度、ハリウッド映画で輸送機が出ている時に、他の輸送機の機内がどんな風になっているのか見てみようと思う。



午後、最初の展示飛行はウイスキーパパである。

オスプレイも見終わったので、とりあえずバスのりばになるべく近い位置に椅子を設置し、午後の展示飛行に備える事とした。


午後はこちら



TOPに戻る  イベントレポートに戻る。
inserted by FC2 system